国公立と私立で異なる予備校選び

国公立と私立

国公立大学の医学部を受験する場合、他の国公立大学と同様にセンター試験を受けなければなりません。
医学部は完全な理系ですが、国語や社会などの文系科目も含めたあらゆる科目を勉強する必要があります。
苦手分野が無ければあまり気にすることではないですが、誰しも苦手なものは何かしらあっても不思議ではありません。
その為、一部に特化したものではなくバランスよく力をつけることの出来る大手の予備校が人気になっています。

しかし大手の予備校はその人気通り生徒の数が多く、場所によっては一度に授業を受ける生徒の数が多すぎるといったデメリットがあります。
いくら講師の質が良くても生徒の数が多くてはサポートし切れません。
その点、医学部に特化した予備校は充実しています。

とにかく的を絞る

医学部に特化した予備校のメリットとデメリットは大手の予備校と対照的です。
医学部専門なので当然センター試験の対策はノータッチ、つまり国公立大学より私立大学受験向き。

当然大手と比較すれば生徒の数は減りますので授業は少人数制を取っている所が多いです。
また、志望校毎の対策をしっかりと取ってくれる為、その学校を受験するのに必要な力だけ身につけることが可能です。

予備校自体が医学部に特化していることもあり、講師も医学部に精通している人ばかりなので総合力では大手の予備校に劣ります。
必要のないことは身につけなくても問題ありませんが気になる人は気になるかもしれません。
そしてサポートが手厚い分、予備校にかかる費用も大手に比べて高いです。

予備校に通えば合格の手助けにはなりますが自分に合った予備校選びをしなければ十分な効果を得ることは難しいでしょう。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
△ ページTOPへ