おすすめリンク

英文校正は実績で探す

英文校正でお悩みの方に確かな実績を持つ業者を紹介!困った時にはぜひアクセスしてください!

医学部合格の為に

普通の学校ではどこの受験校であっても共通の形式だけの対策しか取ることが出来ませんが、予備校に通うことで自分が受験しようとしている学校専用の対策を取ることが出来ます。 特に学力はあっても面接や小論文で落ちてしまうケースは多い為、これらを重点的に学べるのは非常に強みとなります。

予備校の突出した強み

医者になる為の下準備とも言える医学部、そう聞くと真っ先に思い浮かぶイメージは頭が良い、入るのが難しそうなどそれなりに固い感じがします。
実際、偏差値の高い名門高校からですら独学で合格を果てしている人の数はたかが知れています。
逆に塾や予備校に通って合格を果たしている人の数は多く、独学と比べると天と地の差があると言っても過言ではありません。
そう考えると塾や予備校に行くことは合格への後押しとなることは間違いないです。

しかし、だからと言って塾や予備校は医学部合格を保証するものではありません。
塾や予備校に通わなくたって医学部に合格している人はいます。
両者に共通していることは相当な努力をしているという点。
寝る間も惜しんで勉強するぐらいでなければ合格は難しいと言われるぐらいですから中途半端な努力で成せるものではありません。

では結局のところ医学部合格の為に塾や予備校には通うべきなのでしょうか。
何事においても人には向き不向きがありますから結論から言うと正解はありません。
塾や予備校に通うにしてもお金がかかってしまい経済的負担が大きくなることは必至。
また、通っても合格する保証がないなど様々な理由で避ける人も中にはいますから絶対に通った方が良いという事はないです。
最終的には自分次第であり、塾や予備校といった存在はあくまでも合格の手助けをする為の手段の一つでしかありません。
そしてそれを活かすも殺すも貴方次第。

環境は大いに精神に影響を及ぼす

予備校に通うことで独学とは異なる環境に身を置くことになりますが、合格に向けて勉学に励むのは貴方一人だけではありません。 試験本番や日頃の勉強にベストパフォーマンスで臨む為にはこの環境が特に重要です。 無理に広げる必要はありませんがコミュニティを広く持つことで恩恵を受けられることもあります。

国公立と私立で異なる予備校選び

医学部は医学部でもその志望する学校が私立大学なのか国公立大学なのかで予備校選びの際の選択肢は異なります。 ここで予備校選びを誤ってしまうと無駄にお金がかかるだけでなく合格への道のりも遠ざかるどころか潰える可能性もあるので注意しておきたいですね。

△ ページTOPへ